経済ニュース速報 RSS

アジア太平洋株式市況(午後)=まちまち、値動きはおおむね小幅

2020年12月02日(水)17時28分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後5時24分現在のアジア太平洋の主要株価指数は下記の通り。

           直近値 前日比 高値 / 安値
中国  上海総合指数 3449.38 - 2.56(- 0.07%) 3465.73 / 3435.87
中国 深セン総合指数 2290.21 + 3.66(+ 0.16%) 2294.21 / 2276.05
香港  ハンセン指数 26532.58 - 35.10(- 0.13%) 26670.12 / 26379.48

韓国  総合株価指数 2675.90 + 41.65(+ 1.58%) 2677.26 / 2644.53
台湾    加権指数 13989.14 + 103.47(+ 0.75%) 13995.70 / 13894.70

豪 ASX200指数 6590.20 + 1.67(+ 0.03%) 6616.00 / 6561.50
印 SENSEX指数 44244.78 - 410.66(- 0.92%) 44729.64 / 44239.92

シンガポールST指数 2807.85 - 6.27(- 0.22%) 2817.33 / 2796.71
タイ   SET指数 1419.91 - 0.96(- 0.07%) 1430.49 / 1415.10
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 2日のアジア太平洋株式市場はまちまち。新型コロナウイルスのワクチンの実用化へ
の期待感などを背景に買いが先行した。ただ、多くの市場は高値圏にあることで利益確
定の売りも出やすく、マイナス圏に転じる市場も見られた。値動きはおおむね小幅にと
どまった。上海株は小反落。前日の大幅高の反動安となった。

 中国上海総合指数は2.56ポイント安の3449.38ポイント。香港株式市場で
ハンセン指数は35.10ポイント安の2万6532.58ポイント。豪州株式市場で
ASX200指数は1.67ポイント高の6590.20ポイント。

 中国大陸市場で上海総合指数は小反落。前日終値を挟んでのもみ合いが続いた。調味
料メーカーの佛山市海天調味食品、石炭エネルギー会社の中国神華能源(チャイナ・
シェンファ・エナジー)、鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄が買われる一方で、保険大手の中国
人寿保険、自動車メーカーの上海汽車集団、銀行大手の中国工商銀行が売られた。

 香港ハンセン指数は小反落。世界的金融グループのHSBCホールディングス、通信
電話サービスの中国移動(チャイナ・モバイル)が買われる一方で、通信機器・部品
メーカーの小米集団(シャオミ)、医薬品メーカーの薬明生物技術(ウーシー・バイオ
ロジクス)が売られた。

 豪ASX200指数は小じっかり。ほぼ変わらずで引けた。資源・鉱山会社のBHP
グループ、小売会社のウールワース・グループ、石油・ガス会社のウッドサイド・ペト
ロリアムが買われる一方で、医薬品メーカーのCSL。不動産会社のグッドマン・グ
ループ、補聴器メーカーのコクレアが売られた。

MINKABU PRESS