経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は期近の主要限月が反落、コーンも総じて反落

2020年12月05日(土)05時26分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2021/01 1163.00 - 5.25
2021/03 1165.00 - 5.25
 コーン       2020/12 417.00    - 5.50
2021/03 420.50 - 6.00
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は期近の主要限月が反落、コーンも総じて反落。

 大豆は期近の主要限月が反落。終値の前営業日比は、5.25セント安〜0.50セ
ント高。中心限月の期近1月限は5.25セント安の1163.00セント。

 ブラジル産地で雨勝ちの天気予報が示されていることで、週末前の手じまい売りが再
び優勢となった。コーンや小麦が再び売られたこともセンチメントを再び悪化させた。
アルゼンチンの大豆製品加工業者や穀物輸出検査の労働組合のストライキに関する続報
はなく、この日の市場ではあまり材料視されなかった。

 コーンも総じて反落。終値の前営業日比は6.00セント安〜0.25セント高。中
心限月の期近3月限は6.00セント安の420.50セント。

 ブラジル産地で雨勝ちの天気が予報されていることや、小麦が再び急落したことで、
週末前の手じまい売り圧力が強まった。この日の米農務省(USDA)のデイリー報告
でメキシコ向けの大口輸出成約が発表されたが、あまり強気の反応は見られなかった。

MINKABU PRESS