経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=金は続落、米長期債利回りは低下もドルは堅調

2021年01月16日(土)05時25分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 21/ 2 1829.9 - 21.5 プラチナ  21/ 4 1089.9 - 36.5
21/ 4 1833.7 - 21.7       21/ 7 1094.3 - 36.3
銀 21/ 3 2486.6 - 93.6 パラジウム 21/ 3 2395.10 - 28.20
  21/ 5 2491.9 - 94.2       21/ 6 2403.70 - 28.40
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は続落。銀は反落した。終値の前日比は、金が22.8〜21.0ド
ル安、中心限月の2月限が21.5ドル安、銀が94.8〜92.1セント安、中心限
月の3月限が93.6セント安。
 金2月限は続落。ドル高が重しとなった。バイデン次期政権が追加の景気対策案を発
表し、財政出動によってインフレ期待が高まり、相対的なドルの先安感が強まったもの
の、ドルが堅調に推移したことが金を圧迫した。バイデン次期政権は1.9兆ドル規模
のレスキュープランに続き、数週間以内にリカバリー・プランを発表する予定だが、か
なり大規模な財政支援となることから、実効性が疑問視され、逃避通貨であるドルを押
し上げた。
 銀3月限は反落。ドル高が重し。
 プラチナ系貴金属(PGM)はプラチナ、パラジウムは反落。前日比は、プラチナが
37.3〜35.9ドル安、中心限月の4月限が36.5ドル安、パラジウムが
28.40〜28.20ドル安、中心限月の3月限は28.20ドル安。
 プラチナは反落。バイデン次期政権が追加の景気対策案を発表したものの、景気回復
を主眼としたリカバリー・プランの発表は数週間先と発表されたことから、上値を目指
す手がかりが得られず、金相場の下落やドル高に圧迫された。
 パラジウム3月限は反落。ドル高が重しとなった。
MINKABU PRESS