経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は期近が急反発、コーンは総じて大幅反発

2021年05月05日(水)05時39分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2021/05 1577.00 +16.75
2021/07 1538.25 +14.25
 コーン       2021/05 744.75 +12.50
2021/07 696.75 +17.25
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は期近が急反発、新穀限月は続伸。コーンはブラジルの乾燥懸念から総じて大幅
反発。
 大豆は期近が急反発、新穀限月は続伸。終値の前営業日比は12。50〜18.75
セント高。中心限月の7月限は14.25セント高の1538.25セント。

 コーン市場がブラジルの乾燥懸念から総じて大幅反発となるなかこれに追随する買い
を受けて大きく値位置を切り上げた。前日に値を落としていたことで押し目買いが入っ
たことも価格を押し上げる要因となった。この日の上昇で前日の下落幅は概ね相殺され
た。

 コーンは総じて大幅反発。終値の前営業日比は4.00〜18.50セント高。中心
限月の7月限は17.25セント高の696.75セント。

 主力であるサフリーニャコーンの生育期を迎えているブラジルで、引き続き乾燥した
天気が広がっていることが強気材料視された。すでにブラジル産コーン生産高見通しは
複数の機関によって下方修正されているが、3月末に発表された作付意向面積を受けて
米国内需給も引き締まりが見込まれていることにさらに新たな需給不安要因が加わった
ことで買いの手が広がり7月限は再び一代の高値を更新し、一時は700セント(7ド
ル)に達する動きも見せたほか、当限から23年9月限までが2けたの上げ幅を記録し
た。

MINKABU PRESS