経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=反発、コロナ後の需要回復見通しは根強い

2021年06月11日(金)05時23分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2021/07 70.29 + 0.33
        2021/08 70.09 + 0.30
        2021/09 69.58 + 0.25
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2021/07 214.34 + 1.39
2021/08 214.59 + 1.34
改質ガソリン 2021/07 221.22 + 0.97
2021/08 221.15 + 1.05
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油の期近は反発。終値の前営業日比(速報値)は期近2限月が前日比
0.30〜0.33ドル高、その他の限月は0.10ドル安〜0.25ドル高。
 新型コロナウイルスの流行を克服しつつある主要国では経済活動が再開しつつあり、
石油需要が回復する見通しであることが引き続き相場を押し上げた。今週の米エネル
ギー情報局(EIA)の週報で需要は低調だった一方、石油輸出国機構(OPEC)は
今年の需要見通しを上方修正した。米国がイラン元当局者や、一部企業に対する制裁を
解除したことでイランの原油制裁の解除が連想されたことから相場は一時急落したもの
の、今回の制裁解除はイラン核合意の修復協議とは関連がないと発表されている。
 改質ガソリンとヒーティングオイルは反発。原油相場に連動した。
MINKABU PRESS