経済ニュース速報 RSS

東京株式(大引け)=54円安と3日続落、景気敏感株軟調で上値重い

2021年06月18日(金)15時44分

 18日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に3日続落。前場はハイテク株などが買
われ堅調に推移したが、景気敏感株は軟調で後場に入り売りに押された。
 大引けの日経平均株価は前日比54円25銭安の2万8964円08銭。東証1部の
売買高概算は15億1255万株。売買代金概算は3兆5356億円となった。値上が
り銘柄数は540と全体の約24%、値下がり銘柄数は1570、変わらずは83銘柄
だった。
 前日のニューヨーク市場でNYダウは下落したものの、ナスダック指数は上昇し最高
値に接近した。これを受けた東京市場でも半導体株などハイテク株が堅調な値動きとな
り、日経平均株価は寄り付きに110円強の上昇でスタートした。ただ、買い一巡後は
上値が重い展開。景気敏感株などには売りが目立ち、後場に入り日経平均株価はマイナ
ス圏に転じ5日ぶりに2万9000円を割り込んだ。日銀金融政策決定会合の結果が発
表されたが、金融政策は現状維持で相場への影響は限定的だった。全体相場は後場にか
け一進一退の膠着状態が続いた。
 個別銘柄では、トヨタ自動車<7203>やソフトバンクグループ<9984>が安く、日本
郵船<9101>やコマツ<6301>、日本航空<9201>、日本製鉄<5401>といった海運や
空運、鉄鋼などの景気敏感株が安い。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や
三井住友フィナンシャルグループ<8316>など銀行株も値を下げた。日立製作所<6501
>や伊藤忠商事<8001>も軟調だった。
 半面、ソニーグループ<6758>や東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857
>、村田製作所<6981>といったハイテク株が値を上げ、任天堂<7974>も堅調。ファ
ナック<6954>やエムスリー<2413>、信越化学工業<4063>が買われた。エーザイ<
4523>が急伸した。
出所:MINKABU PRESS