経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=反落、米長期金利の上昇やドル堅調から

2021年07月24日(土)05時27分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 21/ 8 1801.8 - 3.6 プラチナ  21/10 1061.4 - 29.2
21/12 1805.9 - 3.3       22/ 1 1064.1 - 28.9
銀 21/ 9 2523.3 - 14.8 パラジウム 21/ 9 2662.40 - 42.20
  21/12 2528.0 - 14.8       21/12 2667.40 - 40.10
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は小反落、銀は反落。終値の前日比は金が3.9〜3.3ドル安、中
心限月の8月限が3.6ドル安、銀が14.8〜14.7セント安、中心限月の9月限
は14.8セント安。
 金8月限は小反落。時間外取引では、ドル高を背景に売り優勢となり、2ケタ安とな
り、一時1790ドル割れとなった。日中取引では、ユーロドルが小反発したことから
下値を切り上げた。しかし米長期金利の上昇や米国株の続伸からドルが堅調な値動きと
なり、金は戻り売り圧力は強く、小安く引けた。
 銀9月限は時間取引から売り優勢となり、前日の上げ幅を失う下落となった。日中取
引は金が下値を切り上げたことが下支え要因となったが、前日の上げ幅を上回る下落と
なった。
 プラチナ系貴金属(PGM)は反落。前日比は、プラチナが29.3〜28.1ドル
安、中心限月の10月限が29.2ドル安、パラジウムが42.20〜40.10ドル
安、中心限月の9月限は42.20ドル安。
 プラチナ10月限は反落。時間外取引では、ドル高から売り優勢となり、10ドル超
の下落で推移。欧州株が自動車株の上昇などから買い優勢となったが、反応薄。日中取
引では、ドル堅調から売りが増え、下げ幅を拡大し、一時1050ドル割れまで売り込
まれた。米株の上昇や、金の下値の堅さから安値を離れたが、軟調ムードを払拭できず
に引けた。
 パラジウム9月限は時間外取引では続伸し、2700ドル台で堅調に推移。日中取引
は序盤、2740ドルの高値をつけた。しかしプラチナの一段安が警戒され、利食い売
りなどで下げに転じ、前日の上げ幅を削る展開となった。
 MINKABU PRESS