経済ニュース速報 RSS

シカゴ穀物引け速報=大豆は概ね堅調、コーンは総じて反発

2021年07月29日(木)05時26分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大 豆      2021/08 1432.00 +13.75
2021/11 1361.00 + 1.50
 コーン       2021/ 9 549.25 + 0.50
2021/12 549.00 + 2.75
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 大豆は作柄引き下げと大豆油高を受けて概ね堅調、コーンは米産地の気温低下観測が
重石になるも作柄引き下げと小麦高を受けて総じて反発。
 大豆は概ね堅調。期近の主要限月は続伸。終値の前営業日比は1.75セント安〜
13.75セント高。中心限月の11月限は1.50セント高の1361.00セン
ト。

 米農務省(USDA)発表の作柄報告での良以上の比率の引き下げが引き続き強気要
因となったほか、需要増加に伴う需給引き締まり懸念を受けて大豆油が堅調で推移した
ことも買いを支援した。ただ、米産地での気温低下観測が弱材料となったため、上げ幅
は限られた。
 コーンは総じて反発。終値の前営業日比は0.75セント安〜3.00セント高。中
心限月の期近12月限は2.75セント高の549.00セント。

 作柄悪化に伴うイールド低下懸念に加え、小麦高が買いを支援した。ただ、米産地で
は今週後半は気温が低下するとの予測が重石になったため上値は抑えられた。12月限
は一時は550セントを上抜いたが、終値ベースで550セント台を維持することはで
きなかった。

MINKABU PRESS