経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=総じて下落、金は長期金利上昇やドル安一服が圧迫

2021年09月16日(木)05時02分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 21/10 1792.6 - 12.4 プラチナ  21/10 930.5 - 8.2
21/12 1794.8 - 12.3      22/ 1 932.9 - 8.2
銀 21/12 2380.1 - 8.4 パラジウム 21/12 1991.60 + 16.00
  22/ 3 2350.0 - 8.6       22/ 3 1995.70 + 15.70
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金、銀は反落。終値の前日比は金が12.3〜12.4ドル安、中心限
月の12月限が12.3ドル安、銀が8.6〜8.3セント安、中心限月の12月限は
8.6セント安。
 金12月限は反落。時間外取引では、利食い売りなどが出て上げ一服となったが、欧
州時間に入ると、ドル安を受けて押し目を買われた。日中取引では、序盤の買いが一巡
すると、米国債の利回り上昇やドル安一服を受けて戻りを売られて軟調となった。
 銀12月限はドル安一服や金軟調を受けて売り優勢となった。
 プラチナ系貴金属(PGM)はプラチナが続落、パラジウムは反発。前日比は、プラ
チナが8.4〜6.7ドル安、中心限月の10月限が8.2ドル安、パラジウムが
15.70〜17.60ドル高、中心限月の12月限は16.00ドル高。
 プラチナ10月限は続落。時間外取引では、中国経済の減速に対する懸念などを受け
て軟調となったが、欧州時間に入ると、ドル安を受けて押し目を買われた。日中取引で
は、ドル安一服や金軟調を受けて戻りを売られ、2020年11月以来の安値
915.6ドルを付けた。ただ株高が下支えになって下げ一服となった。
 パラジウム12月限は欧州時間のドル安をきっかけに買い戻されて反発した。
MINKABU PRESS