経済ニュース速報 RSS

東京外為序盤=ドル円は113円30銭前後での推移

2021年10月14日(木)09時26分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午前9時22分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       113.32 + 0.07 (+ 0.06%) 113.33 / 113.21
ユーロ・円      131.45 + 0.15 (+ 0.11%) 131.47 / 131.27
ユーロ・ドル     1.1599 + 0.0005 (+ 0.04%) 1.1601 / 1.1591
日経平均株価     28466.31 + 326.03 (+ 1.16%) 28478.52 / 28234.01
(注)日経平均株価は前日比
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 東京外為市場の序盤、ドル円は113円30銭前後での推移となっている。昨日の海
外市場で、米債利回りの低下などを受けてドル高の調整が強まり、ドル円は113円2
0銭前後まで売られる場面が見られた。
 NY市場で米10年債利回りは1.52%台を付ける場面が見られたが、朝は1.5
47%前後と下げ止まり気味で、ドル円も安値からは少し買いが入っている。もっとも
戻りは鈍く、調整ムードが継続。
 この後10時半に雇用統計の発表を控える豪ドルは、対ドルで0.7390前後と
しっかりの展開。ドル高の調整が豪ドル買いを誘う格好。雇用の回復傾向を認めた豪中
銀副総裁発言なども発表前の豪ドル買いに寄与。
 朝方、中銀副総裁らの解任が報じられて売りが一気に出たトルコリラは、対ドルでや
やリラ売り。9.09前後で報道が入り、9.1888と対ドルでのリラの史上最安値
更新までリラ売りが入った後、いったんは9.12台を付けたが、直近9.15前後で
の推移と、ドル買いリラ売りがやや優勢な傾向に。

 日経平均は反発。午前9時22分現在、前営業日比326.03円高の2万846
6.31円で推移している。
 日本時間の午前9時22分現在、ドル円は1ドル=113.32円近辺、ユーロ円は
1ユーロ=131.45円前後、ユーロドルは1ユーロ=1.1599ドル近辺で推移
している。
MINKABU PRESS