経済ニュース速報 RSS

NY外国為替前半=114円台まで上げ幅拡大

2021年10月16日(土)02時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前1時59分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  114.27 + 0.59 (+ 0.52%) 114.46 / 113.65
ユーロ・ドル 1.1596 - 0.0001 (- 0.01%) 1.1619 / 1.1588
ポンド・ドル 1.3758 + 0.0085 (+ 0.62%) 1.3773 / 1.3668
ドル・スイス 0.9240 + 0.0006 (+ 0.06%) 0.9264 / 0.9225
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前1時59分現在のドル円は1ドル=114.27円。きょうのNY為替
市場、ドル円はやや伸び悩んでいるものの、114円台まで上げ幅を拡大している。
きょうも米株が堅調に推移していることから、ドル高というよりも円安がドル円をサ
ポートしている。過熱感はあるものの、下値でしっかりと支えられていることから、
ショート勢も巻き返しを余儀なくされているようだ。また、テクニカル勢も参戦してい
る模様。来週以降、心理的節目の115円を試すか注目の展開となってきている。
 FRBは11月にも資産購入ペース縮小を開始しそうな情勢だが、購入ペースの縮小
自体がドルに直接的な影響を与える可能性は低いとの声も聞かれる。資産購入ペース縮
小がドル高の要因というよりもむしろ、ドル高の流れと一致する可能性があるという。
 FRBの資産購入ペース縮小が過去の事例ほど他の先進国の中銀と分岐していないこ
とが要因の1つとして挙げられる。他の先進国の中銀が、FRBに先んじて、または、
それに沿って金融政策の緩和策解除に動き始めているためだという。
 ユーロドルは買い戻しが一服しているものの、1.16ドル付近は維持。1.15ド
ル台に入ると買いオーダーも出るようだ。今週のユーロドルは心理的節目の1.15ド
ルを維持したことから、週後半になって買い戻しの機運が高まっている。きょうも戻り
売りに押されているものの、リバウンドの兆候は残しているといった状況だ。
 ただ、ECBが慎重姿勢を堅持していることから、ユーロに弱気な見方は多く、上値
での戻り売りを推奨する向きも多い。本日の21日線は1.1630ドル付近に来てい
るが、その水準には慎重さも見られる。市場は、ECBはパンデミック緊急購入プログ
ラム(PEPP)が終了した後も資産購入プロフラム(APP)の枠を拡大して柔軟性
を持たせる案が有力視されている。しかし、きょうのビルドワドガロー仏中銀総裁の発
言からは必ずしもそうではないようだ。同総裁はPEPP終了後に、柔軟性を持たせる
手段は様々あり、必ずしもAPPである必要はないとの見解を示していた。ただ、いず
れにしろ、しばらく緩和姿勢は継続の方向ではある。
 ポンドドルはリバウンドの流れが加速し、きょうは1.3775ドル近辺まで一時上
昇。北アイルランド議定書を巡ってEUとの交渉が再開しているが、想定通りに協議は
難航しているようだ。英国側の交渉責任者であるフロスト英首席交渉官は「双方に大き
な隔たりがある」と語っていた。
 ただ、ポンドは英中銀の早期利上げ期待を背景に力強い動きを続けており、ポンドド
ルは21日線を上放れる動きが続いている。インフレ期待を反映する英10年債のブ
レークイーブン・レートは4.02%と、13年ぶりの高水準に達している。先月発表
された8月の英消費者物価指数(CPI)は前年比3.2%と、上げ幅は過去30年余
りで最大だった。インフレ懸念を背景に短期金融市場では英中銀の年内利上げを織り込
みつつあり、ポンドの翌日物スワップは12月の利上げ開始を織り込んでいる状況。
 ただ、早期利上げに関して英政策委員の中では意見も分かれている節もあり、最強硬
派のソーンダース委員は市場が想定以上に早期利上げを織り込んだのは適切との考えを
示唆していた一方、テンレイロ委員はエネルギーと半導体の価格上昇に対応するために
利上げを行うのは、インフレ上昇が短命な場合、自滅するだろうと語っていた。いすれ
にしろ、主要国の中銀の中では英中銀が最も利上げが早いと見られている。
MINKABU PRESS