経済ニュース速報 RSS

NY貴金属引け速報=金が続落、米消費者信頼感指数の急落でリスク回避

2022年06月29日(水)05時04分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
金 22/ 8 1821.2 - 3.6 プラチナ  22/ 7 910.4 + 6.3
22/12 1841.5 - 3.6       22/10 905.6 + 5.3
銀 22/ 7 2080.6 - 36.2 パラジウム 22/ 9 1861.90 + 3.00
  22/ 9 2087.2 - 31.5        22/12 1872.60 + 2.50
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク金は続落、銀は反落。終値の前日比は金が2.6〜3.6ドル安、中心
限月の8月限が3.6ドル安、銀が36.2〜31.1セント安、中心限月の9月限は
31.5セント安。
 金8月限は続落。時間外取引では、米金利が来年にピークを迎えるとの見方からドル
安に振れたことを受けて堅調となった。欧州時間に入ると、ラガルド欧州中央銀行(E
CB)総裁の慎重見通しを受けてユーロ安に振れたことから戻りを売られた。日中取引
では、米消費者信頼感指数の急落でリスク回避のドル高となったことを受けて軟調とな
った。
 銀9月限は、ドル高や金軟調を受けて売り優勢となった。
 プラチナ系貴金属(PGM)はプラチナが反発、パラジウムは続伸。前日比は、プラ
チナが3.1〜6.7ドル高、中心限月の10月限が5.3ドル高、パラジウムが
2.50〜3.00ドル高、中心限月の9月限は3.00ドル高。
 プラチナ10月限は反発。時間外取引では、ドル安や金堅調を受けて買い優勢となっ
た。欧州時間に入ると、買い戻されて上値を伸ばした。日中取引では、ドル高や株安を
受けて上げ一服となった。
 パラジウム9月限は、ドル安などを背景に買い戻されて堅調となったが、日中取引で
は株安などを受けて上げ一服となった。
MINKABU PRESS