経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=続伸、供給ひっ迫懸念根強く戻りが続く

2022年06月29日(水)05時20分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2022/08 111.76 + 2.19
        2022/09 108.89 + 2.51
        2022/10 105.99 + 2.69
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2022/07 419.94 - 3.08
2022/08 411.47 - 0.45
改質ガソリン 2022/07 393.51 + 9.79
2022/08 384.42 +10.43
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油は続伸。終値の前営業日比(速報値)は期近2限月が2.19〜
2.51ドル高、その他の限月は1.49〜2.75ドル高。

 主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、一定の価格を越えるロシア産の石油の輸送
を禁止する制裁を模索することで合意したことや、供給ひっ迫懸念が相場を支えた。石
油輸出国機構(OPEC)のなかでサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)には
生産余力があるとみられていたものの、フランスのマクロン大統領がバイデン米大統領
に対して、両国の生産余力は限定的であると語ったほか、エクアドルやリビアなど小規
模の産油国で混乱が続いていることも支援要因。
 改質ガソリンの期近は反発。ヒーティングオイルの期近2限月は続落した。それぞれ
供給ひっ迫感が強いが、今月後半は調整局面が続いている。
MINKABU PRESS