経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=反発、供給ひっ迫懸念が根強い

2022年07月02日(土)05時22分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2022/08 108.43 + 2.67
        2022/09 105.39 + 2.29
        2022/10 102.31 + 2.04
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2022/08 393.89 +10.84
2022/09 386.12 + 9.63
改質ガソリン 2022/08 368.78 +15.15
2022/09 353.12 +12.93
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油の期近は反発。終値の前営業日比(速報値)は期近2限月が
2.29〜2.67ドル高、その他の限月は0.31ドル安〜2.04ドル高。

 景気悪化による需要下振れが警戒されている一方、供給ひっ迫懸念が根強いことが相
場を支えた。脱炭素社会の実現に向けて化石燃料の供給能力が先細りとなっていく見通
しであるほか、2つの政府が存在するリビアの生産・輸出が不安定であることや、ノル
ウェーでストライキが始まる予定であることが買い戻しを誘った。
 改質ガソリンとヒーティングオイルは反発。原油高に連動した。
MINKABU PRESS