経済ニュース速報 RSS

東京外為終盤=午後のドル円は136円台前半推移

2022年07月05日(火)15時16分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後3時13分時点の主要通貨は下記の通り。

           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円       136.10 + 0.48 (+ 0.35%) 136.36 / 135.57
ユーロ・円      142.02 + 0.66 (+ 0.47%) 142.37 / 141.28
ユーロ・ドル     1.0435 + 0.0013 (+ 0.12%) 1.0449 / 1.0419
日経平均株価     26423.47 + 269.66 (+ 1.03%) 26532.51 / 26294.84
(注)日経平均株価は前日比
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 午前中に円安の動きが強まり、ドル円は135円台後半から136円36銭前後まで
上昇、その後少し調整が入るも、下値しっかり感が継続。午後は136円台前半での推
移が続いた。午前の高値を試すだけの勢いはないものの、136円10銭前後がしっか
りという展開。
 13時半の豪中銀金融政策理事会は、市場予想通り0.5%の利上げを決定。ごく一
部で0.75%利上げを期待する動きが見られたことや、声明の中で年内の物価ピーク
アウトが示されたことで、発表後は豪ドル売りの動き。対ドルで0.6880台から
0.6850割れを付ける動きに。豪長期金利の低下なども見られた。もっともその後
は買い戻しも入った。前回の会合声明に来年2−3%を目指して金利低下の文言があ
り、大きな変化はないとの思惑が広がった形。93円80銭前後から93円30銭台ま
で値を落とした豪ドル円も93円70銭前後まで戻すなど、豪ドル売りが一服。
 日経平均は続伸。終値は前営業日比269.66円高の2万6423.47円となっ
た。
 午後3時13分現在では、ドル円は1ドル=136.10円前後、ユーロ円は1ユー
ロ=142.02円近辺、ユーロドルは1ユーロ=1.0435ドル前後で取引されて
いる。

MINKABU PRESS