経済ニュース速報 RSS

NY外国為替中盤=135円ちょうど前後での推移

2022年08月06日(土)02時52分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前2時51分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  135.08 + 2.19 (+ 1.65%) 135.50 / 132.52
ユーロ・ドル 1.0182 - 0.0064 (- 0.62%) 1.0252 / 1.0142
ポンド・ドル 1.2077 - 0.0083 (- 0.68%) 1.2169 / 1.2004
ドル・スイス 0.9617 + 0.0063 (+ 0.66%) 0.9650 / 0.9538
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前2時51分現在のドル円は1ドル=135.08円。NY時間の朝に発
表された米雇用統計がサプライズな強さとなり、ドル円は133円台前半から急騰。一
時135円台半ばまで上値を伸ばした。その後は週末を前にいったん調整も135円ち
ょうど前後での推移と高値圏。
 今回の米雇用統計を受けて、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げが、
それまで体制の予想となっていた0.5%ではなく、3会合連続での0.75%になる
との思惑が広がり、ドル買いに。米短期金利先物市場動向から計算された利上げ確率を
示すCMEFedWatchを見ると、雇用統計前に66%を占めていた0.5%利上
げ期待が30%を割り込むところまで、残り70%強が0.75%利上げという状況
に。
 利上げ見通しが引き上げられたこともあり、序盤に大きく下げた米株式市場が、その
後買い戻され、ダウ平均株価がプラス圏に浮上したこともドル買い円売りに寄与。
 ユーロドルは1.01台後半推移。ドル高の流れの中で1.01台前半まで下落も、
対円でのユーロ買いなどが支えとなった。
MINKABU PRESS