経済ニュース速報 RSS

NY原油引け速報=小反発、好調な米労働市場やガソリン高で買い戻される

2022年08月06日(土)05時28分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ニューヨーク原油(NYMEX)
                      帳入値  前日比
    原油     2022/09 89.01 + 0.47
        2022/10 88.08 + 0.52
        2022/11 87.26 + 0.45
                     帳入値  前日比
ヒーティングオイル 2022/09 321.59 -12.13
2022/10 318.56 -11.36
改質ガソリン 2022/09 285.56 + 6.21
2022/10 260.28 + 3.97
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ニューヨーク原油は小反発。終値の前営業日比(速報値)は期近2限月が0.47〜
0.52ドル高、その他の限月は0.16〜0.45ドル高。

 時間外取引は、アジア時間で小反発も欧州時間の後半は、主要国の景気後退による需
要減少懸念、テクニカル要因に悪化から小幅続落で推移。
 日中取引開始後は、7月の米雇用統計が強気の数字となり、9月の米連邦公開市場委
員会(FOMC)で大幅な金利引き上げ観測が台頭から下げ幅を拡大し、一時87ドル
に接近する下落となった、しかし米労働市場が好調を示す数字となり、需要減少に対す
る警戒感が和らいだことで買い戻され反発に転じた。ガソリン価格が買い優勢で推移し
たことも支援材料となり、小高い状態を維持して引けた。
 改質ガソリンは反発。ヒーティングオイルは続落。ガソリンは期近9月限の上昇が目
立つ上昇となった。
MINKABU PRESS