経済ニュース速報 RSS

NY外為引け間際=135.04

2022年08月06日(土)05時43分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本時間午前5時43分現在での主要通貨は以下の通り。
           直近値 前日のNY17時比 高値 / 安値
ドル・円  135.04 + 2.15 (+ 1.62%) 135.50 / 132.52
ユーロ・ドル 1.0180 - 0.0066 (- 0.64%) 1.0252 / 1.0142
ポンド・ドル 1.2071 - 0.0089 (- 0.73%) 1.2169 / 1.2004
ドル・スイス 0.9618 + 0.0064 (+ 0.67%) 0.9650 / 0.9538
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 日本時間午前5時過ぎのドル円は135円ちょうど前後。米雇用統計後に急騰し、そ
の流れの中で135円台半ばまで。その後は少し調整も、高値圏での推移。
 ユーロドルが1.0150を割り込むなど一時はドル全面高に。米債利回りの上昇な
どがドルを支えた。ドル円での上昇が最も目立ち、ユーロ円が、ユーロドルでのユーロ
売りよりも円売りの勢いが勝って上昇したように、クロス円は基本しっかり。
 9月に予定されている次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)について、米雇用統
計前までは利上げ幅を縮めて0.50%にするという見通しが大勢であったが、雇用統
計後は大きく差を開けて0.75%利上げ見通しが大勢となっており、ドルを支える形
に。
 もっとも次回FOMCまでにもう一回米雇用統計の発表が控えている。また、利上げ
決定の重要なカギとなる物価について、来週は米消費者物価指数(CPI)の発表を控
えており、まだまだ神経質な展開が続きそう。
MINKABU PRESS