注文画面1つで注文もポジション管理もしたい(クイック注文)

クイック注文とは、発注やポジションの管理が一括でできる画面のことです。
新規発注は「ストリーミング注文」となります。画面内の全決済ボタンは「成行注文」となります。

1. 初期設定の「レイアウト1」は、注文画面が常に表示されています。
【レート一覧】画面の通貨ペアの行をクリックするか、【チャート】画面の通貨ペアを切り替えることで、注文画面の通貨ペアを変更できます。
※下図では【レート一覧】画面で「USD/JPY]をクリックしています。
2. 「レイアウト2」~「レイアウト5」については、【レート一覧】画面の通貨ペアをクリックすると注文画面が表示されます。
※下図は「レイアウト3」です。
3. 【クイック】タブをクリックします。
4. 【両建】の「あり/なし」、【Lot数】と【許容スリップ】の数値を設定します。
※ここでは【両建】…あり、【Lot数】…20Lot、【許容スリップ】・・・5pipsに設定しました。
5. 【決済指定】の設定を行うと、ストリーミング注文と同時に利確や損切の注文も発注できます。
※ここでは「指値300pips」、「逆指100pips」で設定しました。
※【決済指定】を設定しなくてもストリーミング注文は発注できます。
6. 設定完了後、【売注文】・【買注文】ボタンのうち発注したい方をクリックすると、ストリーミング注文が発注されます。
(注文確認の画面は表示されません。)
※決済指定の設定をしている場合は、決済注文も同時に発注されます。
※注文画面を表示した状態でパソコン画面が固まった場合等、注文画面内のレートが更新しないため、実際のレートは変動していても、
注文画面に表示されたレートで約定する場合がありますので、よくご確認の上、ご利用ください。
7. 画面右下に注文・約定受付メッセージが表示されますので、でメッセージを閉じます。
※【設定】画面で、【注文・約定受付メッセージの表示】を「非表示」に設定している場合は表示されません。
8. クイック注文の画面内では、売買別の保有ポジションの「残Lot数」・「平均レート」・「pip損益」・「評価損益」および
売買合計した「評価損益 合計」が表示されます。
ここでは、USD/JPYの売り10Lot、買い20Lotを保有しています。
9. クイック注文では、保有ポジションを全部または売買別に一括で成行決済することができます。

【売 全決済】……表示中の通貨ペアの売ポジションを全て決済します。
【通貨別全決済】……表示中の通貨ペアの全ポジションを決済します。
【買 全決済】……表示中の通貨ペアの買ポジションを全て決済します。

ここでは、USD/JPYの売ポジションと買ポジションを全て決済するために【通貨別全決済】ボタンをクリックします。

確認画面を表示させたい場合は、【全決済確認画面を表示する】にチェックを入れておくと、確認画面が表示されます。
※チェックを外した状態だと確認画面が表示されず、そのまま決済注文が発注されますのでご注意ください。
10. 確認画面が表示されますので、内容を確認し【OK】ボタンをクリックします。
11. 画面右下に注文・約定受付メッセージが表示されますので、でメッセージを閉じます。
※【設定】画面で、【注文・約定受付メッセージの表示】を「非表示」に設定している場合は表示されません。

【クイック注文】画面からもポジション情報が表示されていないことが確認できます。
※ポジションの表示が変わらない場合は必ず【注文履歴】で注文状況をご確認ください。【注文履歴】の確認方法はこちら