取引数量や注文画面などの設定を変更したい。

1.取引数量や注文画面の初期値は、【設定】画面で設定することができます。
【設定】画面を開くには、画面上部のをクリックします。
2.【設定】画面が表示されます。
3.システムモード設定

【システムモード】ではLIONチャートPlus+の表示モードを発注機能の無い「チャート」と、発注機能付きの「トレード」から選択できます。
4.注文初期値設定① 両建・Lot数・決済指定・決済pip差

【両建】では「あり」、「なし」の設定ができます。 両建の注意点はこちら

【Lot数】では注文画面の【Lot数】欄に表示される発注数量を設定できます。

【決済指定と決済pip差】ではIF-DONE、IF-OCO、時間指定、ストリーミング、クイック注文などで利用可能な決済pip差注文の設定ができます。
※「指値」、「逆指」の左側のチェックボックスにチェックを入れると、時間指定注文、ストリーミング注文、クイック注文時などにチェックを入れた
決済pip差注文が有効になります。
※値幅の入力の単位はpipsです。
例)USD/JPY:50銭の場合…500pips、3銭の場合…30pips
例)EUR/USD:0.01000の場合…1000pips、0.00300の場合…300pips
5.注文初期設定② レート差・有効期限・注文確認画面

【レート・レート差】とは、指値や逆指値の注文時にレートを指定する際の補助機能です。
「レート」・・・注文の際に、任意のレートを入力して発注します。
「レート差」・・・注文時点の現在レートから、設定した値幅分離れたレートを自動的に計算して発注します。入力の単位はpipsです。
例)USD/JPY 買指値を発注する場合に注文時点の現在レート:110.415、レート差:100で発注すると、110.315買指値が発注されます。 

【有効期限】は、注文の期限を「GTC(無期限)」・「当日」・「日付」・「日時」から選択できます。

【注文確認画面の表示】では、 注文時の確認画面の「表示」・「非表示」を設定できます。
6.注文初期設定③ 許容スリップ・全決済確認画面

【許容スリップ】では、ストリーミング注文、クイック注文で利用可能な「許容スリップ」の値を設定できます。入力の単位はpipsです。
クリックしたレートから不利な方向に変動した場合、いくらまでの変動なら約定させてもいいか(スリップ)を指定するものです。
※成行、逆指値注文では適用されませんのでご注意ください。

【全決済確認画面を表示する】では、クイック注文、決済画面、ポジションボードから利用可能な「通貨別全決済」、
「売 全決済」、「買 全決済」の確認画面の表示・非表示を設定できます。
チェックボックスからチェックを外すと、確認画面が表示されずに通貨別全決済のボタンをクリックするだけで決済注文が発注されます。
7.注文初期設定④ トレール幅

【トレール幅】では、トレール注文時の値幅を設定できます。
※値幅の入力の単位はpipsです。
例)USD/JPY:50銭の場合…500pips、3銭の場合…30pips
例)EUR/USD:0.01000の場合…1000pips、0.00300の場合…300pips
8.注文取消・注文変更設定

【注文取消の注文確認画面の表示】では、注文一覧画面で注文取消ボタンをクリックした際の確認画面の「表示」、「非表示」を設定できます。
【注文変更の注文確認画面の表示】では、注文一覧画面で注文変更ボタンをクリックした際の確認画面の「表示」、「非表示」を設定できます。
※どちらも、「非表示」に設定した場合は確認画面が表示されず、ボタンをクリックした時点で取消・変更が行われます。
9.ダイアログ設定

【注文ダイアログ 起動時の注文様式】では、注文画面を開いた際に表示される注文方法の設定ができます。
例)いつもIF-DONEで発注する場合、「通常」タブの「IF-DONE」を選択して設定することで、
プライスボードから注文画面を表示すると毎回「IF-DONE」の注文画面が表示されるようになります。

【決済注文ダイアログ 起動時の注文様式】でも同様に、決済注文画面を開いた際に表示される注文方法の設定ができます。

【新規注文の終了後に注文ダイアログを閉じる】は、チェックを外すと新規注文発注後に注文画面が閉じずに残り、
注文画面を開きなおさずに続けて注文を発注することができます。
10.メッセージボード設定

【注文・約定受付メッセージの表示】では、注文の発注後および約定時に表示されるメッセージの「表示」、「非表示」が設定できます。
11.ポジションライン・ボード設定

【ポジションラインの表示】では、チャート上に表示される保有ポジションのポジションラインの「表示」、「非表示」を設定できます。
【ポジションライン表示形式】では、「平均約定価格」、「すべて表示」を設定できます。
「平均価格」…同じ通貨ペア・同じ売買方向のポジションの約定価格の平均値にポジションラインを表示します。
「すべて表示」…ポジションごとに約定価格にポジションラインを表示します。

【ポジションボードの表示】では、ポジションの保有状況をチャート上に表示するポジションボードの「表示」、「非表示」を設定できます。
【ポジションボードの表示位置】では、ポジションボードの表示位置を「右下」、「右上」、「左下」、「左上」から選択できます。
12.サーバ保存設定

ここで設定した「両建」、「反対売買時の決済順序」、「反対売買時の決済オプション」の項目については、
ほかのパソコンやスマートフォンなどからも同じ設定で利用することができます。詳細な設定方法はこちら

※【BID判定買逆指値注文・ASK判定売逆指値注文】についてはこちらでご案内しています。
※【ポジションロック設定】についてはこちらでご案内しています。
※【ポジション統合設定】についてはこちらでご案内しています。
13.ここでは『注文初期設定①』の【Lot数】を「1」から「10」に、【決済指定と決済pip差】で「指値」にチェックを入れ値幅を「100」に設定しました。 画面下部にある【OK】をクリックすると、設定が反映されます。
14.ストリーミング注文画面を開くと、【Lot数】は毎回「10」と表示され、【決済指定】は「指値」が設定した値幅で有効になっています。