はじめてのFX
資料請求はこちら
操作マニュアル

ヒロセ通商メニュー

クイック入金提携先約380行
信託保全
お問い合わせ

TEL:0120-63-0727(フリーダイヤル)
TEL:06-6534-0708
FAX:0120-34-0709
受付時間:24時間
(土曜日17:00~月曜日8:30を除く)

ご意見箱
苦情相談窓口
電子広告
らいおん料理長ツイッター
プライバシーマーク
TOP > カバー先案内

カバー先案内

オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド (LION FX)

オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッドは175年以上の歴史を有する銀行です。お客様や株主、地域社会とともにパートナーシップを築きながら、現在はオーストラリア・ニュージーランド・アジア・太平洋地域、そして中東・欧州・アメリカを含む32の国・地域で業務を展開しています。また格付け会社スタンダード&プアーズより「AA-」の評価を取得する世界で数少ない銀行の一つです。

監督官庁 オーストラリア健全性規制庁

バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ (LION FX)

バンク・オブ・アメリカは世界40カ国以上の拠点を有する世界最大の金融機関の一つであり、個人、中小企業及び大企業を顧客とし、銀行業務、投資業務、資産運用業務、その他の金融及びリスク管理のための商品やサービスを幅広く提供しています。
2008年メリルリンチの買収により、バンク・オブ・アメリカは世界有数のウェルス・マネジメント会社になりました。
企業金融、投資銀行、広範な資産クラスにわたるトレーディングにおいても世界的なリーダーであり、世界中の企業、政府、機関投資家、個人などにサービスを提供しています。

監督官庁 米国通貨監督局及び米国連邦準備制度理事会

バークレイズ銀行 (LION FX)

バークレイズは、リテール及びコマーシャル・バンキング、クレジットカード、投資銀行、ウェルス・マネジメント及び投資運用サービスを提供する世界大手の金融サービス機関であり、欧州、米国、アフリカ及びアジアに幅広い国際的プレゼンスを有する。創業から300年余の歴史と銀行業務を強みに、50ヵ国超で事業展開し、約13万5000人の従業員を擁する。世界各地の2700万を超える顧客及び取引先のために、資金の移動、貸付、投資及び保護を行っている。日本におけるバークレイズ・グループでは、バークレイズ銀行東京支店、バークレイズ・キャピタル証券株式会社、バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社(資産運用部門)がそれぞれ事業展開している。

監督官庁 英国プルーデンス規制機構および英国金融行為監督機構

ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行 (LION FX)

ビー・エヌ・ピー・パリバグループは、ビー・エヌ・ピー・パリバ(本社パリ)を中核とする世界有数の一大金融グループです。世界約80の国と地域においておよそ20万人の従業員(2011年12月)が最先端の金融に従事するグローバルな金融機関です。その財務内容の健全性やバランスのとれた業務展開を背景に、世界の主要格付機関から高い評価を得ています。また、ビー・エヌ・ピー・パリバのS&Pによる格付け(無登録格付)は、2007年以降、世界の金融機関ベスト6に入っています。

監督官庁 フランス金融市場庁

セントラル短資FX株式会社 (LION FX)

セントラル短資FXでは、主にインターネットを活用した「外国為替証拠金取引サービス」をご提供しています。 資金・為替の銀行間取引 ( インターバンク ) において100年の伝統を有するセントラル短資グループのシナジーを最大限に活かすとともに、ASP先などのパートナー企業およびカウンターパーティーなどのお取引先と積極的に協力関係を築くことにより、お客さまに対し質の高い外国為替投資サービス『Quality FX』の提供に努めています。

監督官庁 日本金融庁

シティバンク エヌ・エイ (LION FX)

シティバンク エヌ・エイは、世界でも有数の金融大手シティグループの金融サービスの消費者企業銀行部で、アメリカ合衆国に本店を置く銀行である。1812年、ニューヨークに「シティバンク オブ ニューヨーク(City Bank of New York)」として設立される。
1930年までに、アメリカ合衆国以外の23ヶ国で100の支店ができ、世界最大規模の銀行になる。
1955年には、「ザ・ファースト・ナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨーク」と名称を変更。その後は、1962年に「ファースト・ナショナル・シティバンク」、1976年に「シティバンク エヌ・エイ」と名称を変更し、現在に至る。

監督官庁 米国通貨監督局及び米国連邦準備制度理事会

コメルツ銀行 (LION FX)

1870年ハンブルクで創業し、フランクフルトに本店を置くコメルツ銀行は、約3,800億ユーロの連結総資産を有しており、ドイツ、ヨーロッパにおいて有数の銀行です。3万2千の従業員(内7千人は海外勤務)がおよそ700万人の顧客にサービスを提供しており、親会社以外に、コメルツグループはドイツと世界各国に多くの子会社を保有しています。シンガポール、香港、上海、東京の支店ではアジア地区における厳選された金融機関と戦略的提携を展開しています。

監督官庁 ドイツ連邦金融監督局

クレディ・スイス銀行 (LION FX)

クレディ・スイスはスイスのチューリッヒに本社を置く世界有数のグローバル・バンク。プライベート・バンキング、インベストメント・バンキング、アセット・マネジメントの3部門から成り立ち、証券・投資銀行業務、富裕層向け資産管理業務、資産運用業務などを行う。一般個人向け銀行業務はスイス国内のみ。親会社クレディ・スイス・グループAGは金融持ち株会社で、スイスとニューヨークで上場しています。

監督官庁 スイス連邦銀行委員会

ドイツ銀行 (LION FX)

ドイツ銀行は、コメルツ銀行とドレスナー銀行とともに「ドイツの三大銀行」と呼ばれており、ヨーロッパ及び海外市場の金融国際化を促進するため、1870年にベルリンで創立されました。現在では75カ国に80,000人以上の従業員を保有する世界有数の金融機関へと成長し、株主、顧客、従業員、そして事業を展開する地域社会など、ドイツ銀行グループの発展に欠かせないすべての利害関係者に全力で応えいく経営方針を掲げています。ここ数年に渡り数々の賞を受賞していますが、近年ではIFR(国際財務報告基準)主催の"バンクオブザイアー"に3度輝くなど、高水準な財務管理を維持しています。ドイツ銀行は、強い財務基盤と高い信用力と優れた金融テクノロジーを活用し全世界で積極的に事業展開をしており、今後も飛躍的な発達が期待されている金融機関です。

監督官庁 ドイツ連邦金融監督局

ゴールドマン・サックス・インターナショナル (LION FX)

ゴールドマン・サックスは、投資銀行業務、証券業務および資産運用業務を中心に、多岐にわたるグローバルな金融サービスを世界中の企業、金融機関、政府機関等に提供している世界有数の金融機関です。1869年創業の世界で最も伝統のある最大手の金融機関の一つであり、ニューヨークを本拠地として、世界の主要都市に拠点を擁しています。

監督官庁 英国金融行為機構(U.K. FCA)および英国健全性規制機構(U.K. PRA)

香港上海銀行 (LION FX)

英国ロンドンを本部として、世界85以上の国と地域で1億を超えるお客様に金融サービスを提供しているHSBCグループ。香港上海銀行の持ち株会社であるHSBCホールディングスplcは、アメリカの経済誌『フォーブス』で発表された世界有力企業ランキング「Forbes Global 2000」において、銀行部門で2年連続No.1を獲得。日本においては、グループの母体行・香港上海銀行が1866年に横浜で業務を開始以来、140年以上の歴史を有しています。

監督官庁 香港金融管理局

JPモルガン・チェース銀行 (LION FX)

J.P.モルガンは世界最大級の顧客基盤を有し、世界100カ国以上の法人、機関投資家、ヘッジファンド、政府機関、富裕層のお客様に金融サービスを提供しております。J.P.モルガンは、総資産約2.3兆ドルを有する世界有数の金融サービス会社JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーに属しています。JPモルガン・チェースは、投資銀行業務、個人向け金融サービス、中小企業向け銀行業務、コマーシャル・バンキング業務、金融取引管理事務業務、資産運用業務、プライベート・エクイティ業務において業界をリードしています。

監督官庁 米国通貨監督庁及び米国連邦準備制度理事会

ケイシージー (LION FX)

KCGは、アセットクラス、商品の種類、取引時間帯に関係なく取引のニーズに対応することを意図した各種サービスを投資家の方々に提供する、大手の独立系証券会社です。世界でも最大級のマーケットメーカーとして、当社は先端テクノロジーを優れたクライアントサービスと組み合わせることにより、独自の流動性と取引コストの削減を実現させ、より有利な価格設定へと導きます。お客様に最大限の価値をもたらし、より効率的で回復力のある市場を世界中で創出するためのコネクション、これを構築するのがKCGです。

監督官庁 米国金融取引業規制機構

株式会社三菱東京UFJ 銀行 (LION FX)

2006年1月1日、東京三菱銀行とUFJ銀行が合併して誕生した、日本最大手の金融機関です。三菱東京UFJ銀行は国内外に841の支店と35,480人の従業員を擁し、個人取引や法人取引はもとより、子会社である三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社ではプライベート・バンキング・サービスを行う等さまざまな金融サービスを提供しています。また米国ユニオンバンクを子会社化し積極的にグローバル化を進める等世界を代表する金融機関になります。

監督官庁 日本金融庁

みずほ銀行 (LION FX)

第一勧業銀行、日本興業銀行、富士銀行の会社分割・合併により誕生した、日本三大メガバンクの一つです。みずほ銀行は26,564人(2013年7月時点)の従業員を擁し、主にリテール(個人や中堅・中小企業向けの業務)を担当していましたが、2013年7月には同じみずほファイナンシャルグループでホールセール(大企業、多国籍企業向けの業務)を中心に行なっていたみずほコーポレート銀行と合併し、グループで一体運営できる体制に変更し幅広い金融サービスの提供を行なっています。

監督官庁 日本金融庁

モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・PLC (LION FX)

モルガン・スタンレーは、投資銀行、証券、資産運用、ウェルス・マネジメント事業において多岐にわたるサービスを提供する世界有数のグローバル総合金融サービス企業です。過去75年にわたり、誠実さと卓越性、そしてお客様を大切にする姿勢を何よりも重視し、また、国際金融市場の発展の一助となるべく、長期的なコミットメントを持って積極的にビジネスを展開し、世界各地のお客様に真に質の高い金融ソリューションを届けることを最大の目標としています。現在、世界42カ国に1,300を越えるオフィスを擁するモルガン・スタンレーは、すべてのお客様に、グローバルな事業展開と、各国市場の特質を踏まえたうえでの財務アドバイスを通じて、お客様の事業目標達成のお手伝いをしています。

監督官庁 米国証券取引委員会及び米国商品先物取引委員会

ノムラ・インターナショナルPLC (LION FX)

野村グループは、持株会社である野村ホールディングスと国内外の子会社で構成される金融サービスグループです。ノムラ・インターナショナルは英国に本拠地を置き、野村証券の子会社として昭和56年3月 ロンドン市において、ノムラ・インターナショナルLIMITEDを証券業現地法人として設立。(平成元年4月、ノムラ・インターナショナルPLCに社名変更) Profit & Loss誌の為替プラットフォームの表彰「デジタルFXアワード(Digital FX Awards)」にて「Best Traders Platform」と「Best Execution Functionality」を2年連続で受賞しております。

監督官庁 英国プルーデンス規制機構および英国金融行為監督機構

OCBC証券 (LION FX)

OCBC証券は、総資産1510億ドルを有するシンガポール、マレーシア間で最大のOCBC銀行の100%子会社です。OCBC銀行はシンガポールで最も歴史が古く、創業70年以上の由緒ある、大手金融サービスグループで、世界15カ国に370以上の支店、支社を持ち、常に顧客のニーズに応えるために新たな商品とサービスを生み出し、業界のパイオニア的存在となっております。OCBC銀行はムーディーズ(Aa3)、スタンダード&プアーズ(A+)、フィッチ(A+)といった格付評価となり、OCBC証券も同じ格付が適用されます。OCBC証券は、シンガポール証券取引所(SGX)に加盟し、株式取引、商品先物取引、金融先物取引、外国為替取引などを主な業務としております。株式取引部門ではSGXでの取引高の約15%を占める大手証券会社です。

監督官庁 シンガポール金融管理庁及びシンガポール取引所

ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシー (LION FX)

ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ(RBSグループ)は、英国王の勅許により1727年に設立し、中央銀行以外の銀行で銀行券を発行している数少ない銀行になります。RBSグループは、英国エジンバラに本社を置き、英国、欧州、中東、アメリカ及びアジアで個人から大企業までさまざまな金融サービス業務を行っており顧客は4,000万人以上に上る世界を代表する金融機関になります。

監督官庁 英国プルーデンス規制機構および英国金融行為監督機構

サクソ銀行 (LION FX)

サクソ銀行は1992年に創設されデンマークに本部を置き、40カ国から1413人の社員を雇用しています。 デンマーク金融庁の認可(登録番号1149)を受け、EU規制下にある銀行です。
2001年6月にヨーロッパの銀行として正式な認可を受け、その後オンライン取引市場において急速な成長を遂げております。サクソ銀行が提供する外国為替取引は高く評価され、数々の賞を獲得しています。ヨーロッパをはじめ世界115以上の国の人々にサービスを提供する国際的な投資銀行であり、取引の大半はオンラインによるものですが、充実したサービスを提供しています。

監督官庁 デンマーク金融庁

ステート・ストリート銀行 (LION FX)

ステート・ストリートは長年の歴史と強固な財務基盤を持つ世界的な金融機関の一社です。
アジア太平洋地域8都市に約3,500名の社員を擁し、世界の大手機関投資家を対象に、資産管理、インベストメント・リサーチ及びトレーディング、資産運用を含む広範な金融サービスを行い、総合的かつ柔軟性に富んだ金融ソリューションを提供しています。

監督官庁 ボストン連邦準備銀行

UBS銀行 (LION FX)

UBSは、本社をバーゼルとチューリッヒに置き、世界の主要な金融市場を含む50カ国以上に営業拠点を有しています。強固な財務基盤と常に変化を受け入れるグローバルな企業文化を持ち、その中核業務である投資銀行・証券業務、富裕層向けウェルス・マネジメント業務および資産運用業務のいずれにおいても、世界トップの一角を占めています。日本においては、UBS銀行東京支店、UBS証券会社およびUBSグローバル・アセット・マネジメント株式会社を通じて、幅広い金融商品・サービスを、法人・機関投資家や個人のお客様に提供しています。

監督官庁 スイス連邦銀行委員会

ワイジェイFX株式会社 (LION FX)

ワイジェイFX株式会社は、日本最大級のインターネット総合サイトYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社の100%子会社になります。
ワイジェイFX株式会社は、「インターネット」と「金融」の融合による革新的な金融サービスを提供することを通じて、お客さまの繁栄と社会の発展に貢献しています。

監督官庁 日本金融庁
■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、想定元本(為替レート×取引数量)×1%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大100倍となります。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
  • FX取引の規制が変わります
  • 金融庁
  • 金融先物取引業協会
  • 証券取引等監視委員会
  • 証券・金融商品 あっせん相談センター
  • 国税庁