1. IRホーム
  2. 人気株式アナリスト 鈴木一之氏が語るヒロセ通商(第2弾)
人気株式アナリスト 鈴木一之氏が語るヒロセ通商(第2弾)
経営者の視点
企業調査のベテランで30年を超えるキャリアがあり、多くの経営者にインタビューをし、 その鋭い企業分析にはマーケット関係者の中でも定評がある鈴木一之氏が語るヒロセ通商!

IRレポート第2弾

人気株式アナリストの鈴木一之氏に第三者の視点でヒロセ通商を解説して頂きました。
こちらをご覧頂くことでヒロセ通商の歴史や特徴を理解して頂けると思います。


佐久間あすか 細合俊一 特別対談ヒロセ通商の強さの秘密


プロフィール
【佐久間あすか】
5月27日生まれ、千葉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、四国放送(徳島)のアナウンサーとして3年間、テレビ大阪の経済・報道ニュースキャスターを3年間務めた後に2011年10月より日経CNBCキャスターに。
原油、金などのコモディティ情報に詳しく、NYでは著名投資家ジム・ロジャーズ氏と対談。 現在、昼エクスプレスのメインキャスターを担当している。


特別対談!

細合俊一(ヒロセ通商株式会社代表取締役社長) × 鈴木一之氏(株式アナリスト)

鈴木アナリスト(以下、鈴木氏)「本日はご多忙のところありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」
細合代表取締役社長(以下、細合)「こちらこそよろしくお願いいたします。」
鈴木氏「株式公開から2年たちました。直前に発表された2018年3月の第3四半期では、営業利益が前年と比べて3割ほど伸びました。事業も順調に拡大されているようですね。」
細合「おかげさまで順調に推移しております。ボラティリティが小さいので取引高が増えていないのですが、これは仕方のないところでしょうね。」
鈴木氏「その中で収益が伸びているのは、どのような部分が貢献しているのですか。」
細合「ひとつにはPBフィー(プライム・ブローカー・フィー)が減少していることが挙げられます。PBフィーは取引高に連動する部分が大きいので、その分だけ支払いコストが減少しました。ほかには取引銀行と日常的によい関係を保ち続けて、できるだけよいレートを出してもらうように努めています。」
鈴木氏「口座数は順調に増えていますね。」
細合「はい、そこの部分は順調です。他社から乗り換えていただくお客様がかなり多いです。今やFX業者間のサービスはほとんど差がなくなっていますので、当社の場合はシステムの使い勝手のよさ、キャンペーンの面白さという部分を評価していただいている部分が大きいですね。いったん口座を開いて使ってみると、カスタマーサポートの便利さも評価していただいているようです。小口の投資家の方にはかなり使いやすいシステムに仕上がっていると思います。」
鈴木氏「そうするとここまでは順調な成長に乗っていると思ってよいようですね。」
細合「いえ、事業に関してはこれで順調だと考えたことはありません。正直に申し上げて、「今年度もどうにか切り抜けられた」という気持ちの方が大きいです。」
鈴木氏「2018年1月に、子会社として「ライオンコイン株式会社」を設立されました。これは将来的に仮想通貨市場にも進出してゆくということでしょうか。」
 
細合「具体的なことはまだ何も決まっていないのですが、仮想通貨市場がここまで大きくなってきた以上、当社としても無視はできないということです。ただし市場環境としてはもっと整備していかないとだめだと思います。ちょうど当社がFX取引に初めて参入したころとよく似ています。クリアすべき問題がいくつも残っており、これらの点が将来クリアになった時点に備えて、参入するかどうかを検討しているところです。 法整備を含めて、もっと市場が整備されていかないとならないでしょうね。とにかく今は仮想通貨はボラティリティが大きすぎます。この市場が拡大するかどうかはまだよくわかりませんが、決して無視はできません。いずれ何らかの展開を図る必要が出てきた時に備えて、今のうちに布石を打ったという意味合いです。」
鈴木氏「FX取引のレバレッジを引き下げようという規制の動きも出ているようですが、この点はどのようにお考えでしょうか。」
細合「これはまるで実態がつかめない話なのです。現在は金融庁からの見解や、委員会からの報告待ちという状態です。」
鈴木氏「そのような動きは近々出てくるのでしょうか。」
 
細合「7月になれば官公庁は人事異動の季節を迎えますので、あるいはそれまでに何かしらの新しい動きが出てくるのかもしれません。しかし具体的には何もわかっていない状態です。」
鈴木氏「少し話題を変えまして、この1年間くらいの間で導入した新しいサービス、新しい変化などはありましたか。」
細合「最も大きな変化と言えば、冷凍冷蔵倉庫の新設でしょうか。巨大な冷凍冷蔵倉庫を自前で建てました。すべて豚まんやラーメンなど、キャンペーン用の商品の保管に充てています。 それくらいまでにキャンペーンがご好評をいただいており、当社の人気を支えてくれています。そのおかげで新たに始めました株主優待用の商品の配送もスムーズに行うことができます。優待用ではなく、FX取引のキャンペーン用に増設したのですが、これが最近では最も大きな変化と言えるでしょうか。」
鈴木氏「業務はかなり繁忙と想像できますが、「働き方改革」という世の中の流れとの兼ね合いではいかがでしょうか。」
細合「もともと当社は残業はせず、定時勤務を心がけています。FX取引業者ですので、日曜日を除いた月曜日から土曜日まで24時間、常に誰かしら会社には詰めています。その切れ目なしの勤務時間を1日3交代のローテーションで回しています。 通常勤務の人は早めに来ますし、遅番の人は決められた時間に出勤します。フレックスタイムは導入しておりません。1日8時間勤務を守ります。 本社(大阪)の入っているビルの8階にはラウンジスペースを確保していますので、そこで希望者には朝ごはんを用意しています。ラウンジではキャンペーン商品の試食会も行いますし、子会社JFX(東京)と懇親会やイベント時もスカイプでつないでこのラウンジで行います。できるだけ経営は軽装備で行い、工夫できる部分はテクノロジーで補ってゆくという方針です。」
鈴木氏「実に合理的ですね。会社として大きな方向性として目指すのはどのあたりですか。」
細合「FX事業者としてこれまでの日常業務をこのまま行ってゆきます。ただし「昨日と同じ今日」、「今日と同じ明日」であったら、会社としてはつぶれてしまいます。常に何か新しいことを取り入れて、新しいことにチャレンジしてゆきたいですね。」
鈴木氏「ご多忙のところ、本日はどうもありがとうございました。」

当社は、2016年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査におきまして新興市場ランキング優良企業ホームページに選ばれました。

  • PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
    お持ちでない場合は、こちらからダウンロードページしてください。

免責事項

IR情報のご利用にあたって
本ホームページの掲載情報は、当社の財務情報、経営指標等の提供を目的としておりますが、内容についていかなる表明・保証を行うものではありません。また、本ホームページへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資に関するご決定は、皆さまご自身の判断で行うようお願いいたします。
掲載情報に関して
本ホームページの掲載情報につきましては、当社は細心の注意を払っておりますが、掲載された情報に誤った情報があった場合や、第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって障害等が生じた場合において、当社は、事由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。
将来の見通しについて
本ホームページの掲載情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。将来の業績は環境の変化等により、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。
本ホームページの運用に関して
当社は予告なしに本ホームページの掲載情報の変更、運営の中断または中止させていただくことがあります。これらによって生じた如何なるトラブル・損失・損害に対しても、当社は、事由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。なお、本ホームページの掲載情報に関する著作権は当社に帰属いたします。