注文方法について

FX注文の基礎

FXには成行注文をはじめ様々な注文方法があります。これらの注文方法を活かすことで常に取引画面を見ていなくてもチャンスを逃すことなく取引が可能となり、またリスクコントロ-ルも可能となります。

レートや時間を指定せず今の水準で売買することができる。
レートを指定して売買することができる。
買いたいまたは売りたいレートで売買できる。
指定したレートを飛び越え、さらに有利なレートに変動しても、指定したレートでしか約定しない。
レートを指定し、指定レートを超えると成行注文を発注される。
損失の拡大を止められる。相場のトレンドにうまく乗りやすい。
レートが乖離したところで指定レートを超えた場合、想定以上の損失となる。
逆指値注文の操作方法は、執行条件を「逆指」とし、他は指値注文と同様。
指値・逆指値またはトレールをセットで発注し、どちらかが約定すると、残りの注文は自動的にキャンセルされる。
2つの異なる注文を同時に出し、約定しなかった方の注文はキャンセルされるので、利益の追求とリスクヘッジが同時にできる。また、相場のトレンドに乗ることもできる。
指値・逆指値それぞれのデメリットが伴う。
新規注文と決済注文をセットで出すことができる。
取引画面を見ていなくても取引ができる。
成行・指値・逆指値それぞれのデメリットが伴う。
IF-DONE+OCOの合体注文。
OCOとIF-DONEのメリットを活かすことができる。
成行・指値・逆指値それぞれのデメリットが伴う。
逆指値をレートではなく、値幅で設定し、レートの動きに応じて逆指値の指定レートが変動する。
現在のレートを指定した売買ができる。
指定した時間に成り行き注文を発注することができる。
指値(逆指値)注文と時間を指定し、指定した時間までに指定レートに達しなければ指定した時間に成行注文が発注される。
指値(逆指値)に到達しなかった場合でも取引画面を見ていない時間に指定した時間に成り行き注文で約定させることができる。
指定時間のレートがわからない。

時間指定指値(逆指値)注文の操作方法は、 執行条件を「時間指定指値」または「時間指定逆指値」とし、 他は時間指定成行注文と同様。

1回のクリックで注文することができる。
素早く注文することができる。
確認画面の表示がないため、誤発注をする可能性が高くなる。
新規の売買、ポジションの管理、決済が1画面上で簡単にできる。
素早い取引ができる
ストリーミング注文のため許容スリップ0だと約定率が下がる
1回のクリックで決済することができる。
素早く決済することができる。
確認画面の表示がないため、誤発注をする可能性が高くなる。
同一通貨ペアの複数のポジションを、成行、指値、逆指値でまとめて決済することができる。
複数ポジションの中から任意の複数ポジションを成行注文以外の方法でまとめて決済することができる。
同一通貨ペアの買いポジションを全部まとめて決済することができる。
同一通貨ペアの複数の買いポジションを一回の操作でまとめて決済できる。
任意のポジションを選べない。
同一通貨ペアの売りポジションを全部まとめて決済することができる。
同一通貨ペアの複数の売りポジションを一回の操作でまとめて決済できる。
任意のポジションを選べない。

一括売決済注文の操作方法は、決済したいポジションを売ポジションとし、他は一括買決済注文と同様。

同一通貨ペアの複数のポジションを全部一度に決済することができる。
同一通貨ペアの複数ポジションを一回の操作でまとめて決済できる。
任意のポジションを選べない。
通貨ペアに限らず保有しているポジションを全部一度に決済することができる。
通貨ペアに限らず保有しているポジションを全部一度に決済することができる。
誤発注によるリスクが高い。
予めpip差を設定しておくと、新規注文発注時に自動的に決済注文を登録することができる。
決済注文を入力する手間がいらず、時間短縮できる。
新規約定レートを基準にpip差を自動計算して決済注文を発注するため、市場のトレンドを基準にすることは難しい。
保有している買い(売り)ポジションを1回の操作で決済し、同じ数量の売り(買い)ポジションを建てることができる。
指定した金額に達したら、その時のレートに関係なく保有ポジションを全て決済することができる。
レートなどに関係なく、口座全体の評価損益又は、有効証拠金を基準に決済することができる。
「○○円になったら、指値を発注する。」というように、ある条件をクリアするまでは指値、逆指値注文を待機中としておくことができる。条件をクリアすると、待機中が注文中となる。
「レート」を指定せず、「時間」を指定して、保有ポジション全てを成行決済できる注文方法です。