ロスカットとは?
What is loss cut?

ロスカット

ロスカットとは、損失の拡大を防ぐために、所定の水準の損失が発生した時点で、強制的に損失を限定させる取引のことをいいます。

ロスカットの仕組みを簡潔に説明いたしました。ロスカットとは、損失を限定させるために行うものですが、マーケットの状況によっては、元本以上の損失発生の可能性がありますので、ご注意ください。
所定の水準の損失が発生した時点とは、有効証拠金が必要証拠金を下回った時点のことになります。

ロスカットを防ぐには、有効証拠金にゆとりを持たせる方法があります。

余剰金のゆとりにより、わずかなCFD価格の変動によるロスカットを防ぐことができます。
CFD取引では、ゆとり資金の預け入れや取引数量を調整することで、お客様自身により、リスク(損失)管理を行うことができます。

ロスカットの計算方法

基本式

・有効証拠金...取引証拠金に評価損益を加減算したもの
・必要証拠金...ポジションを維持するために必要な金額
・ロスカット基準...有効証拠金が必要証拠金を下回った時点

買ポジションを保有している場合

余剰金を計算した時のレート-ロスカットまでの値幅=ロスカット値

売ポジションを保有している場合

余剰金を計算した時のレート+ロスカットまでの値幅=ロスカット値

各具体例について

■ 日本N225の具体例
日本N225を30,000円で10Lot買った場合で、有効証拠金が35,000円の場合
有効証拠金...35,000円
必要証拠金...30,000円

35,000円(有効証拠金)-30,000円(必要証拠金)=5,000円(余剰金)
5,000円(余剰金)÷10Lot(保有数量)=500円(ロスカットまでの値幅)
買ポジションを保有しているので、30,000円-500円=29,500円(ロスカット値)
日本N225が29,500円を下回った時点でロスカットです。

■ 米国D30の具体例
米国D30を31,000ドルで10Lot売った場合で、為替レートが1ドル=110円、有効証拠金が50,000円の場合
有効証拠金...50,000円
必要証拠金...34,000円

50,000円(有効証拠金)-34,000円(必要証拠金)=16,000円(余剰金)
余剰金をドルに換算すると16,000円(余剰金)÷ 110円=約145.5ドル
145.5ドル(余剰金)÷10Lot(取引数量)=14.55ドル(ロスカットまでの値幅)
売ポジションを保有しているので、31,000ドル+14.55ドル=31,014.55ドル(ロスカット値)
米国D30の呼び値は0.1ドルなので31,014.6ドルになった時点でロスカットです。

ロスカットルール

LION CFDのロスカット 詳細はこちら

信託保全

お客様からお預りした資金は、SBIクリアリング信託に金銭信託され、当社の資金とは明確に区別して管理しています。

区分して管理していることにより、資金を流用することはできません。
万が一、当社やカバー先が破たんした場合であっても、お客様からお預りした資金は保全されます。

信託保全とは

<注意喚起>

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。 為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引、店頭バイナリーオプション取引および店頭CFD取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。